WordPressを「SWELL」で構築してみた!

こんにちは。

モノマリストの けい(@mono_tmts20)です。

けい

買ってしまいました!
有料WordPressテーマ「SWELL」

ずっと気になっていたので、これからの自分に投資する気持ちで

目次

今までのWordPressテーマについて

今まで無料WordPressテーマ「Cocoon」を使ってました。

Cocoonは使いやすく、無料でブログやるのであればこのテーマが一番だと思ってます。

愛用していたのですが、何せ無料で使いやすいので他の人とデザインが被りやすいです。

自分でソースコードをいじり、カスタマイズすることも考えました。

ですが、WordPressが「Gutenberg」に更新されたことにより

ブロックエディタの操作性を考慮した、有料テーマに切り替えることを考えました。

複数あったテーマの中で、一番気になったのが

有料テーマ「SWELL」でした。

このような経緯があり、購入を決めました。

有料テーマ「SWELL」について

有料WordPressテーマ「SWELL」より

SWELLとは

シンプル美と機能性の両立 – 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ

SWELL公式より

を売りにしているWordPressテーマです。

有料テーマだけあって使いやすいです。

デザインもシンプルで僕好みです。とても気に入りました!

一通り設定をしてみたのですが、無料テーマ「Cocoon」には無かった機能なども追加されています。

ブログを投稿するのが楽になりますし、たくさんの機能があるので面白いと思います。

SWELL機能

SWELL公式HPより

当ブログを見ていただくと分かると思うのですが

上の専用機能を活用して見やすい記事を、作成しています。

ここでは

当ブログで使っている機能を3つ紹介していきます。

1.ふきだし

↑の画像のように

対話形式で記事を書いている箇所もあります。

2.関連記事

見てほしい記事や参考にした記事などに、使用することが多いです。

またリンクを貼った際に、画像のようなデザインになるので

CSSなどを触る必要がありません。

いつもお世話になっている機能です!

3.広告タグ

こちらは、広告をあらかじめ登録しておき、

ブログ投稿の際に、この広告タグを呼び出すと簡単に広告を表示させることが出来ます。

アフィリエイトをやる人に使ってほしい機能です。

他にも便利な機能があるので

購入したらぜひ活用してみてください。

テーマ詳細

有料WordPressテーマ「SWELL」より

他のテーマより少し高めの金額設定ですが、何よりデザインがいい!!

最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応していること

これからのWordPressはGutenbergが主流になっていきます。

SWELLは、他のテーマとは違いブロックエディターを主とし開発、リリースされています。

また開発者の了さんの熱がすごく伝わってくるので、応援したいです。

まとめ

今回は、WordPressテーマを紹介しました。

テーマは無料/有料 問わずたくさん公開されています。

自分がいいと思ったものを使ってみると、ブログにやる気が出てくると思います。

また、SWELLは有料テーマなので将来の投資として考えてみるのもありです。

この機会に新しいテーマに切り替えて、イメージアップしてみるとよいと思います。

当ブログをどうぞ
よろしく!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる